自分の進め方防止をすることが大切

こちらは、ある程度の年齢に達してから
以前よりは、服装決定には慎重になりました。
ですから、無難な彩り・模様のものをメインにして
装いができることを考えて選んでいる。

そうして、極め付けはウエスト部分のつくりだ。

ゴムになっているスカートやパンツ(ズボン)は
考えがわかりがたい模様が多いので安心して着られます。

それに、「大は小を兼ねる」ではありませんが
ウエストに「ゴム」が入っているタイプなので
多少の実用は利きますし、スリムなヤツもほぼOK。

両サイドを糸で縛って調整できるので
そのときのウエストの状態に重ねることができます。
ですから、ちょっと難しくなったと感じたときは
糸の「しつけ」を開くこともできます。

ただ、それを過信したり、うわの空の方針が働くと
腹間近がどんどん育って行く感じがします。
若かりしうちと同じように食べていると
余った分け前が腹に貯まって(溜まって)行くのかもしれません。

何だか、ウエスト地点が調整できる服装に頼らないで
自分の考えセーブをすることが大切ですね。

代謝を吊り上げるには?

自分も年齢を取ったなぁ・・・って憶えるチャンスって何かとあるけど、近年まさにそれを実感している事。

それは痩身目的でバランスの良いミールになるように心掛けて、音量も減らしているのに、どうしても体重が減らないんです。

極端なリミットはしていないので、一気にリザーブがあらわれないのは仕方がないのかもしれないけど、それにしても依然として変化がないのはショックです。

これってとにかく年齢のせいなのかな?って。

痩身関係の知識を集めている時も、年が上がると交替が悪くなって太りやすく罹るというのをたっぷり見かけたし。

もちろん活動も取り入れて体を動かすようにしていますけどね。

どうにかしてウエイトを減らすことしか考えていなかったけど、もしやそれよりも前に、どうして交替をやるようにしたらいいのかを考えた方がいいのかもしれませんね。

そうすれば必然的にウエイトも下がるというし。

はい!

まさかメニューを変更して、ウエイトよりも交替にカギをおいて痩身に再チャレンジしたいと思います。

ではいかなる手段があるのか、それを作るところから始めなくちゃ。