自分の進め方防止をすることが大切

こちらは、ある程度の年齢に達してから
以前よりは、服装決定には慎重になりました。
ですから、無難な彩り・模様のものをメインにして
装いができることを考えて選んでいる。

そうして、極め付けはウエスト部分のつくりだ。

ゴムになっているスカートやパンツ(ズボン)は
考えがわかりがたい模様が多いので安心して着られます。

それに、「大は小を兼ねる」ではありませんが
ウエストに「ゴム」が入っているタイプなので
多少の実用は利きますし、スリムなヤツもほぼOK。

両サイドを糸で縛って調整できるので
そのときのウエストの状態に重ねることができます。
ですから、ちょっと難しくなったと感じたときは
糸の「しつけ」を開くこともできます。

ただ、それを過信したり、うわの空の方針が働くと
腹間近がどんどん育って行く感じがします。
若かりしうちと同じように食べていると
余った分け前が腹に貯まって(溜まって)行くのかもしれません。

何だか、ウエスト地点が調整できる服装に頼らないで
自分の考えセーブをすることが大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です